跡を継ぐ人がいないとき|事業承継ならM&Aに委ねよう|会社存続を願うなら
メンズ

事業承継ならM&Aに委ねよう|会社存続を願うなら

跡を継ぐ人がいないとき

男の人

人気の理由

事業承継とは会社の経営を後継者に引き継ぐことを言います。中堅中小企業にとってオーナー社長の経営手腕が会社の強みや存立基盤そのものになっていることが多く、誰を後継者にして事業を引き継ぐのかは重要な経営課題です。また事業承継は単に次の社長を誰にするかという問題ではなく、会社の経営権そのものの自社株を誰に引き継ぐかの所有承継、後継者教育をどう行うかの後継者教育も重要です。誰に事業承継するのかは大きく分けて3通りの方法があります。親族に承継する。従業員等に承継する。M&Aで承継するの3通りです。事業承継において親族内承継から親族外承継へと主流がシフトしつつあります。最近まで親族内承継が6割といわれていましたが従業員等やM&Aでの承継が急速に増加しています。

知っておくとよい情報

友好的M&Aで事業承継問題を解決する中小企業が増加しています。以前はM&Aは大企業のもので自社は対象にはならないと言われていたものやM&Aをしたらリストラをされて社員がかわいそうだといった誤解が多かったのですが、友好的M&Aのメリットを積極的に評価し、活用する事例が増加しています。親族や社員への承継は経営者教育の面で10年のスパンで時間を必要とします。一方でM&Aは社外から経営者を派遣してもらえば短期間で実施可能です。しかしM&Aの相手はすぐに見つかるとは限りません。またよりよい相手に好条件で引き継ぐうえで時間がある方が有利です。誰にどのような方法でいつ事業承継していくかについての計画を立案し、実行するようにしましょう。