事業を渡すなら|事業承継ならM&Aに委ねよう|会社存続を願うなら
メンズ

事業承継ならM&Aに委ねよう|会社存続を願うなら

事業を渡すなら

握手

事業承継の方法としてM&Aがとても注目されています。まずは事業承継の方法としてはM&Aのほかに上場をする方法や親族への事業譲渡などがあります。しかし上場をするには厳しい審査を受けなければならないのでどの会社でも簡単にできるわけではありません。また、親族へ事業譲渡を行う場合は優秀な親族がいなかったり、そもそも自分の親族が自分の会社以外である程度結果を残しているなど、後継ぎとしてうまくいかない場合があります。そこで事業承継としてのM&Aでは、多くの会社から自分の納得いく形で事業を発展させてくれるでしょう。また、今働いている従業員の雇用を守ってもらえたり、このまま自分が会社から出ていくこともできたりします。逆に自分が会社に残って経営のアドバイスをするなど柔軟に動けるでしょう。

M&Aによる事業承継をスムーズに行うためにはいくつかのポイントがあります。まず一つ目には事業承継のタイミングをきちんと考えることです。せっかくいい会社であっても売るタイミングが早すぎて買いたたかれたり、逆に事業が斜陽になってから売り出したとしても買い手がいなかったりする可能性があります。ですから、事業承継したい時期から逆算してその時までに価値を高めておくことが必要になります。そのほかには自社のアピールポイントを明確にすることです。どのような製品に強みがあるか、どのようなサービスに強みがあるかを考えておくことで売却先とのミスマッチが少なくなるだけではなく、より事業発展に良い売却先が見つかるので従業員も安心できます。