男の人と女の人

事業承継ならM&Aに委ねよう|会社存続を願うなら

会社を存続させ発展させる

男性女性

会社をたたまずにすむ

創業してから100年を超える会社は少なくありませんが、経営者はそれだけ長く職務についているわけにはいきません。年を取れば若い時のように働けなくなり、判断力も衰えてきます。責任ある職務から退いて老後を楽しみたいと考える人も少なくありません。そういった時に問題になるのが事業承継です。何年も前から後継者を育てている会社は別ですが、適任者がいない会社もあります。事業承継が上手くいかなければ会社をたたむことも考えなくてはいけなくなります。その為後継者がいない会社でM&Aによる事業承継を行うところが増えています。M&Aを行うことで会社を存続させることが出来るので会社をたたまずにすみ、従業員の雇用も保証することができます。また適切な会社とM&Aを行えば、自分の会社をより発展させることができます。

仲介業者が必要

M&Aを行いたいと思っても、適切な会社がどこにあるかわからないという事はよくあります。自分と同じ業界の会社の事しかわからないという経営者は少なくありません。しかし異業種に進出したいと考えている会社とM&Aを行った方が、より会社を発展させることができることもよくあります。またM&Aに詳しくないとよく分からないまま契約してしまい、結局従業員が解雇されてしまったということもあります。M&Aを行う際には色々な幅広い業種の会社に通じている専門業者に仲介してもらった方が良いでしょう。買い手と売り手双方にとってメリットのある会社を紹介してもらえる上、契約に必要な全てをサポートしてもらえるのでより満足がいくM&Aを行うことができます。また事業承継やM&Aに関する税金対策にも精通しているため、費用を安く抑えるのにも役立ちます。

事業を渡すなら

握手

事業承継の方法としてのM&Aは、親族だけではなくあらゆる会社から探すことが出来るのでより会社をよくできる可能性があります。事業承継するにあたってあらかじめ売却するためのプランを練ることが重要になってきます。

Read More

跡を継ぐ人がいないとき

男の人

事業承継には3通りの方法があります。親族に承継する。親族外の社員等に承継する。M&Aで承継するの3通りです。M&Aで承継する場合は社外から経営者を派遣してもらえば短期間で実施可能です。しかしすぐに見つかるとは限りませんので時間がある方が有利です。

Read More

オーナー社長の悩みを解決

ビル

オーナー社長が経営する企業にあっては、事業承継を成功させることが会社の将来のために非常に重要です。親族に適任者があれば後を継がせることができますが、M&Aによって他社に経営権を移転させるのも有力な選択肢となります。

Read More